NATSUMI NONAKA

プライオリティ マスター コーチング
7期生インタビュー

野中 夏美

個人事業主
不動産賃貸業

PMC 7期生(2018年8月~)

1991年生まれ。熊本県山鹿市出身。田舎生まれ田舎育ち。
生まれたときから好奇心旺盛で、色んなことにチャレンジしたい!という想いが強く、チャレンジしては怪我をする毎日。

母親が、生まれたときからクローン病という難病であったことから、幼いころから健康に興味を持ち、小中学校時代は医者になることを目標に勉強をする。
しかし、何年経っても難病の原因すら見つからない、それどころか難病が増えていることに気づき予防医学に次第に興味を持ち始める。

また、まず家族のために稼ぐことを決め、長崎県立大学に入学し、経済学を専攻する。
マクロ経済学の教授の講義で、投資に興味を持ちロバートキヨサキの本に出会ったことで、母親のために不動産を購入することを決意。

大学卒業後、医療機器メーカーに入社。
営業として多くの売り上げに貢献したが、激務とストレスにより体調を崩していた時に、AWARENESSのTOSとDRSを受講。
それをきっかけに、何のために働いていたのか?何のために生きているのか?を再度見つめ直す。

髙橋マスターコーチに初めて会ったとき、『こんな大人になりたい!!』と感激しすぎて、遠方の熊本からでもすべてのセミナーを受講。
受講を繰り返し、今までの考え方と生き方が変わったのがきっかけで、会社員を辞め自分らしく生きることを決意する。

現在は、幼い頃から夢であった国際結婚を予定し、ビジネスとプライベートのバランスの取れた経営者になるために継続学習中。

PHOTO
QUESTION

なぜ、PMCを受けようと思ったのでしょうか?

バランスのとれた真のリーダーシップを髙橋マスターコーチから直接学ばせていただきたいと感じ、PMCがスタートしたと発表されたから、自身の誕生月の7期に入ることを決めていました。

幸せでバランスのとれた成幸者の考え方を学び、『BE DO HAVE』 の原則に従って、理想の自分で居ることを強く心に決め、そのための学びや行動を繰り返し身につけることは、自分の人生を幸せにするという強い思いがあります。
そして、セルフコーチングを身につけることが、人生においても家族・仲間においても最重要だと感じたからです。

なぜ、髙橋マスターコーチでなければならないのでしょうか?

髙橋マスターコーチに出会って、本当に心から自分のことが好きになりました。
「決めれば、どんなものにもなれる!」
その愛情に溢れ、可能性に満ちた言葉は、私の胸に突き刺さりました。
「残された人生諦めるためにあるのか?そうじゃないだろ?!」
そういわれた時から、私は髙橋マスターコーチと同じくらいの高いエネルギーで、周りの方々に「あなたはできる!」と伝えて、幸せにすると決めていました。
だからこそ、コーチになっていただく人は、大好きな髙橋マスターコーチしか願望にありませんでした。

【PMC 1回目を終えて】

新たにどんな気づきがありましたか?

  • 第二象限で動いていると思っていたことは、実は、客観的に見たら思いっきり第一象限であった。
  • お金のブロックは、幼いころに母が一生懸命に働いていた姿が関係しており、私が大好きなことをやり、稼ぐことは楽しくて成長できると感じる一方で、ただ懸命であった母に申し訳ないと感じる部分があり、お金が入るたびに実は拒絶していた。
  • 自分が思っている以上に、家族が自分の人格、マインドにとても関係していること。
    ただ、それをバネにするかブロックにするかは自分次第である。

次回のコーチングまでに何をすると決められましたか?

  • 本当に価値観の合うビジネスパートナーを6人作り、衝撃の体験をする。
  • チームのお力を借り、計画を立てて行動する。
  • 成功を決める。

【PMC 2回目を終えて】

新たにどんな気づきがありましたか?

・現在地把握に対して少し視点がずれている
(よくも悪くも大きく見積もったり小さくなったりする)
・すべてにおいてパラダイムが強すぎる
・信頼関係においての『確認作業』がとても苦手
・バリバリの事後対応型
・髙橋マスターコーチの一つ一つの言葉を解釈と事実に分けていく作業により、本当の意味でタイムマネジメントになること

次回のコーチングまでに何をすると決められましたか?

・朝5:30に起きてマスターコーチに連絡
・ほしいものリスト、長期プランの作成、シミュレーションのパターンを増やす時間を作る
・再計画:月末までのアポイント4件
・新規立ち上げ:メンバー3人つくる

【PMC 3回目を終えて】

新たにどんな気づきがありましたか?

  • 過去の資源を思い出す中でどんな選択肢があったのか、どんな気持ちだったのか?何を基準にして選んだのか?を思い出すだけでも、大きな資源になることに気がついた。
  • 自分の気持ちに耳を傾けて「好きになる選択」「後悔しない選択」をしていくこと。
  • 選択肢があったとしても、どれも感情的に腑に落ちないときはもう1つ選択肢があるということ。
  • わからないという言葉が出てくる場合は、片一方の選択しかしてこなかった可能性がある。(好きな方だけ、きつい方だけ)
  • 振り返りの時に、もう一度やり直すとしたら?と質問することで自分の価値観に沿った選択肢が見えることもある。

次回のコーチングまでに何をすると決められましたか?

答えを出すとき、もう一つ答えがあることを前提に考える。

【PMC 4回目を終えて】

新たにどんな気づきがありましたか?

プライベートな内容の為、ご本人の意向により掲載を控えさせていただきます。

次回のコーチングまでに何をすると決められましたか?

  • 事業で12月の目標を自分でたてる
  • 最優先に集中するところの集客人数をコミットする
  • プラン計画をパワーパートナーと練る
  • 人生理念価値観を二度と修正できない前提で作りあげる

【PMC 5回目を終えて】

新たにどんな気づきがありましたか?

  • アウトプットの量が全然足りてない
  • 100%相手のためではなかったことにこそ、びっくりする
  • 自分はある意味、コミットメント力が強い

今回のコーチングで、何を一番強くコミットしましたか?

有言実行のリーダーになる