Loading...
Loading...

AWARENESS

今までお金に対して無関心だった私に価値観と気づきを与えてもらえたことが一番の感謝です。

はりきゅう整骨院 医院長 有本 竜平さん

はりきゅう整骨院 医院長

有本竜平


2018年8月 TOS初受講

心に残った言葉

「大事にしたい人を大事にするには、大事にしたい人の大事にしてるヒト・モノ・コトを大事にする。」

神戸にある専門学校を2006年に卒業し鍼灸師・柔道整復師になる。
整骨院で仕事をしながら専門学校に通い、身体の知識と技術の習得に20代のほとんどの時間を費やす。
「患者さまの身体を健康にするコトで、患者さまが自分の人生を思いっきり楽しんでもらう!」が、業界に入ってから変わらない自分の信念。
各地で健康講座や講演会をはじめ、高校の様々な運動部にトレーナー活動などボランティアにも力を入れている。
昔住んでいた京都の西大路駅前に「有本はり・きゅう整骨院」を4年前に開業し、現在に至る。
確かな技術とコーチングやカウンセリングを武器に患者さまのお困りごとを解決している。

AWARENESSのセミナーを受講する前に、どんな悩みや課題がありましたか?また、受講しようと思ったきっかけは何でしょうか?

開業当初に大切な人にも裏切られ、被害者意識と不信感のエネルギーを中心に生きるようになっていました。
業界に入ってから技術さえあれば成功できると信じて身体の勉強ばかりで、お金や経営の勉強もせずにいたので経営不振に陥りました。

エネルギーの分散や被害者意識、諦めるなどの原則違反のオンパレードをしていたので、成果が出ないことが、当たり前の生活を送っていました。
家族が崩壊する直前まできている時に、もう一度人を信じるという事を諦めきれずに妻の紹介でTOSを受講することを決めました。

AWARENESSのセミナーを受講して具体的に良くなったこと、変化したこと、バランスが整ったことなどはありますか?

「意図が100%なら方法は無限大!」
「一度きりの人生、本当はどうしたい?」
など、多くの原則や気づきをもらうことで自分のエネルギーが変わりました。
そして付き合う人が変わりました。

感謝の気持ちと自己責任で生きることができるようになりました。
原理原則を中心に生きている成功者ならどうするだろう?
という成功者の思考や視点から行動を変えることで成果が変わると感じました。

過去してきた失敗や、今、目の前にある問題も全て自分が成功するためのストーリーになると信じています。
そう考えることができるようになると、課題や問題点から逃げることがなくなりました。
自分には手に負えなくても成功者ならどうするだろう?
成功者ができることで自分にもできることはないか?
などの視点で考えることができるようになってきました。

有本 竜平

影響を受けたセミナーや、印象に残っているセミナーについて、どんな気づきや価値を感じましたか?

印象に残っているセミナー

「IES」

お金に関して、親も学校も仕事でも、具体的に学ぶという機会がありませんでした。
私にとってお金とは、人によって価値の違うモノ、という認識しかありませんでした。
IESを受けた事によってお金だけでなく、そこに関わってくる人に対してもパラダイムシフトが起こりました。

お金とどう関わっていくのか?
お金を大切にするとはどういう事なのか?
お金ってあなたにとってなんですか?

今までお金に対して無関心だった私に価値観と気づきを与えてもらえたことが一番の感謝です。
自分の現在地を知ることで目的地を明確にできました。
そのおかげで目的地までの道のりや、行き方を決めることができたので、今は充実した毎日を過ごしています。

有本 竜平

AWARENESS教育を通して手にしたい夢やビジョン、達成したい目標は何ですか?

AWARENESSを通して本当になりたかった自分を手にいれます。
健康な体、最高の人間関係や学びなど、自分の最良の幸せを叶えながら、更に拡張させていきます。
具体的には、斜陽になってきてる整骨院業界の立て直しや、より多くの方が、自分の大切な人達を大切にできる環境や場所が拡げます。

セミナーを受講しようと検討されている方へのメッセージ

本当はどうしたい?
本当はどうなりたいの?
本当になりたい自分ってどんな自分?
諦めきれない夢ってなんですか?

知らないことやわからないことってすごく怖いです。
みんな最初からヒーローやスーパーマンじゃないと思います。
知らないことはできないです。

本当に変わるって決めたら、絶対に変われます。 なりたい本当の自分になるために、勇気がいるのもわかります。
未来を変えるために不安があるのもわかります。

本当に諦めきれない生き方をする為に何を選びますか?
どんな未来でも選ぶのは自分です。